kozagawa3ど~も~!ツジタケ(@nirlog_net)です。

バカボンのパパの鼻毛っぽいのは髭なんだって。どう見ても鼻毛ですよね。

さて、今日は古座川町を徘徊してきたわけですが、面白い人の話を聞くことができたので紹介します。その人は何かをするために古座川町へ移住してきたのではなく、「生きるため」に移住してきたそうです。私の考え方に近いので、めちゃくちゃ共感してしまいました。

そもそも移住って「何かするため」にするの?

今は田舎への移住が注目されていますよね。都会の人が田舎へ移住して「町おこしをする!起業する!」みたいな。もちろんそれは大切なことですが、そうじゃない人だっているんです。

いるだけでも充分町に貢献できますよね。別に何か目的がなければ移住してはいけない!なんてことはないはずです。「川がきれいだから」「自然との距離が近いから」「都会に疲れたから」これだけでもいいじゃないですか。別に理由は何だっていいんですす。

古座川紅葉。 #古座川

ツジタケ(ニル)さん(@tsujitake6)が投稿した写真 –

この記事の感覚です→記者たちよ!移住者がみんな明確な目的を持っていると思うなよ!

本当にそう思います。自分で気に入った場所に住みたい。ただそれだけなのに、期待されすぎても困りますよね。このブログも私が古座川町に魅力を感じているので書いているだけであって、「移住してきてくださいよ!」というブログではありません。ただ素敵な町なので、死ぬまでに一度遊びにきてほしいなぁとは思いますよ。

生きるための移住

話は戻りますが今日お会いした面白い人は、まさに「生きるため」の移住をしたようです。「節約のため」と笑って言っていました。京都出身の彼は2年間かけて準備をしたそうです。自分で家まで水をひき、畳をいれ、ロケットストーブで生活をする。こんな生活を送っている人です。できるだけ人に会いたくないと基本引きこもっているそうです(笑)。

#古座川 ツジタケ(ニル)さん(@tsujitake6)が投稿した写真 –

自分がしたいことを、いかにお金をかけずにやれるかを追及したらこうなったそうですよ。コーヒーをできるだけ安く飲みたいがゆえに自家焙煎している話は、めちゃくちゃ興味深い話でした。私もプロフィールに書いていますが、趣味「生きること」です。どうすれば自分の望むスタイルで生きていけるかを常に考えています。その理想に近づけそうな「予感」がするのが古座川町なんですよ。

あ、彼は京都まで自転車で帰ろうとしていました(笑)。15kmまでは徒歩圏内の私と波長が合うのは必然ですね。

まとめ

何かをするために移住するのがすべてじゃないはずです。何もしない移住があっても全然いいと思うんですよ。休みの日にきれいな川を眺めたいからじゃだめですか?もっともっと田舎への移住はハードルを低く設定したいものです。

私がそういった「何もしない移住者」になって、こんな人もいますよ!とアピールしていくのも面白いかもしれませんね。ブログを書くのは大好きです。安心してください!こんな意識低めの移住者もいますよ!とアピールすることが田舎移住のハードルを下げることに繋がれば嬉しいです。お、方向性が見えてきたかも♪

そうだ!古座川町へ行こう!

そうだ!古座川町へ行こう!と思ったら→古座川町の宿泊施設はこちら

働きながら田舎移住先を探そう!

田舎で働きながら移住するなら→【毎日更新】全国リゾートバイト!

こちらもおすすめ→ 全国各地のリゾートバイト検索サイトはたらくどっとこむ

自分の特技でお小遣いGET!→モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】
あなたの手作りを販売しよう!→ハンドメイド作品を販売・購入できる! ハンドメイド作品のオンラインマーケット≪minne(ミンネ)≫

田舎でもショッピング

田舎で買い物するなら♪→欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

欲しいが必ず見つかる♪→Amazon

古座川イノシカラジオはこちら

イノシカバナー

The following two tabs change content below.
ツジタケ

ツジタケ

なんきシカシカ新聞編集長。南紀エリアに移住して2年、田舎暮らしを満喫しております♪ 趣味/音楽・写真・料理・生きること