kozagawa5ど~も~!シカシカ新聞のツジタケ(@nirlog_net)です。

1円玉を作るのに2円かかるらしいよ(笑)。これでいいのか??

さて、今回は古座川町の観光スポットを紹介します。古座川町で秋を感じる「光泉寺の子授けイチョウ」が素敵すぎます。古座川町は温暖な地域なので少し紅葉もゆっくりしています。張り切って見に行ったのですが・・・ちょっと早かった(笑)。

光泉寺の子授けイチョウ

古座川町の三尾川(みとがわ)地区にある「光泉寺」に高さ約30m、幹周り約6mもある、それは立派なイチョウがあります。推定樹齢は400年なんだそうです。特徴は太い幹から乳房のようなコブ?がいくつも垂れ下がっているんです。このことから「光泉寺の子授けイチョウ」と呼ばれています。

和歌山県では最大級のイチョウですよ!私が訪れた11月20日はまだ緑がかっていましたが、それでも圧巻のイチョウを見ることができます。ご近所の方にお話しを聞いたところ「11月23日に祭りがあるよ~。ちょっと早かったね(笑)」と教えてくれました。残念!

光泉寺の子授けイチョウを目指すのもワクワク

「光泉寺の子授けイチョウ」は古座川町の三尾川(みとがわ)地区にありますが、ここまでの道のりもワクワクします。信号の無い古座川町でのドライブは快適ですよ。右を見ても左をみても自然が広がっています。 きっと地元の人にとってはどうってことない風景なのでしょうけど、よそから来た人間にとっては「なんじゃこりゃ~!」という景色が多々あります。観光ガイドやネット検索ではこの情報は出ていません。ぜひご自身の目で見てもらいたいものですね。

まとめ

「光泉寺の子授けイチョウ」へのアクセスは隣町の串本町「古座駅」から車で30分くらいですね。道は快適で「光泉寺の子授けイチョウ」付近で少しだけ狭くなりますが、基本的に問題はないはずです。なんといっても信号はありません(笑)。そのことを意識しながらドライブするのも楽しいものです。「本当に信号ないじゃん!」って(笑)。

ツジタケ@古座川イノシカラジオさん(@tsujitake6)が投稿した写真 –

県道38号線から国道371号線に入り、県道39号線を道なりに走れば目的地に到着です。この経路の途中には、以前記事にした天然記念物である「一枚岩」を右手に見ることができます。ぜひ寄り道をしてジビエバーガーを食べてくださいね。 【古座川町観光スポット】え?これが岩?迫力満点一枚岩 紅葉の季節だけでなく、葉が散ったイチョウの黄金のじゅうたんや、子授けイチョウと呼ばれる光泉寺のイチョウのパワーを感じに行くのもおすすめですよ♪

住所 和歌山県東牟婁郡古座川町三尾川302
電話 0735-72-1880 (霊巌寺)
駐車場 あり
料金 境内自由

そうだ!古座川町へ行こう!

そうだ!古座川町へ行こう!と思ったら→古座川町の宿泊施設はこちら

働きながら田舎移住先を探そう!

田舎で働きながら移住するなら→【毎日更新】全国リゾートバイト!

こちらもおすすめ→ 全国各地のリゾートバイト検索サイトはたらくどっとこむ

自分の特技でお小遣いGET!→モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】
あなたの手作りを販売しよう!→ハンドメイド作品を販売・購入できる! ハンドメイド作品のオンラインマーケット≪minne(ミンネ)≫

田舎でもショッピング

田舎で買い物するなら♪→欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

欲しいが必ず見つかる♪→Amazon

古座川イノシカラジオはこちら

イノシカバナー

The following two tabs change content below.
ツジタケ

ツジタケ

なんきシカシカ新聞編集長。南紀エリアに移住して2年、田舎暮らしを満喫しております♪ 趣味/音楽・写真・料理・生きること