【古座川町グルメ】カフェ「センダン」でこだわりの手作りを食す

senndann2ど~も~!シカシカ新聞のツジタケ(@nirlog_net)です。

もしパンダの毛をすべて剃ったらどうなっているか気になりませんか?私だけ?調べてみたら、「無地」だそうです(笑)。

さてさて今回は古座川町らしからぬ?おしゃれなカフェ「センダン」のランチを紹介します。「古座川町にこんなお店があったんだ!」と驚きましたよ。店主さんの「手作り」がこだわりとなってお店のいたるところに存在しています。素敵なお店ですよ♪

この日のランチは煮込みハンバーグ

senndan1私が訪れた日のランチは煮込みハンバーグをメインとしたワンプレートランチです。見た目も鮮やかで食欲がそそられます。煮込みハンバーグ、手作りパン、サラダ、タコのマリネ、キノコの・・・なんだろ??(笑)。すいません、わかりません(笑)。聞けばよかった。これで850円です。

優しい味付けで体が喜びますね。メインの煮込みハンバーグは肉汁がジュワっと溢れてもちろん美味しいのですが、私が「こ、これはなんだ?うまいぞ!」と特に感じたのが「パプリカ」と「ドレッシング」です。気になってお話しを聞いたところ、パプリカは自家製で、夏はほとんどの野菜を手つくりされるそうです。

さらにドレッシングは店主さんが東京に住んでおられたときの「お気に入りイタリアレストラン」の味だそうです。何度も足を運びこのドレッシングのレシピを教えてもらおうと通ったそうです。何度お願いしても「絶対だめ!」と教えてもらえなかったドレッシングですが、古座川町でお店を開くことが決まった際、やっと伝授していただいたドレッシングだそうですよ。激うまです!

店のいたるところに手つくりが

senndann4店内の雰囲気は明るく、女性店主のカフェらしい優しい空間が広がっています。お話しを聞いてみると、レジカウウンターやテーブルは自ら作ったそうです。流行りのDIYが好きなのかな?と質問を投げかけたら「お金がなかったから。」と笑顔で返答がありました。いやいや、めやくちゃクオリティーの高いテーブルやカウンターですよ。ソファの高さに合わせたテーブルが無かったから作ったそうです。

senndann5こだわりについても聞いてみました。「このあたりにはお店がないし、もちろんカフェがないよね。喫茶店はあるけどちゃんとしたカフェを作りたかった。」とのことでした。ケーキもパンもこだわりの手作り!というのも納得ですね。

まとめ

senndann6いかがでしたか?古座川町らしからぬ?空間を楽しむことができますよ。以前は予約しなければランチを食べることができなかったそうですが、現在はなんとか毎日ランチをいただくことができます。ただこの日も店内は満席の人気ぶりでしたよ。遠方からお越しの際は、あらかじめ連絡をいれておいたほうが確実かもしれません。※コースランチ1500円は前日までに予約が必要です。

場所も古座川町の入り口にありますから気軽に立ち寄ることができます。古座川町はもちろんのこと、新宮市、那智勝浦町、串本町などの奥様方や女子におすすめしたいお店です。かわいい雑貨の販売もしていますよ。ぜひ一度店主さんのこだわりがつまったカフェを楽しんでくださいね♪

古座川町の宿泊施設はこちら

senndan7ちなみにこちらの店はインターネットで検索しても出てきません。店主さんが「宣伝一切していないの(笑)。」と笑っていましたからね。代わりに私が場所と連絡先を書いておきます(笑)。シカシカ新聞見てきました♪とせっかくなので伝えてください(笑)。

CAFE SENDAN(センダン) カフェと雑貨のお店

住所 和歌山東牟婁郡古座川町高池199-2

TEL 0735-70-4470

営業時間 11:30~17:00

定休日 水・木・金

ランチタイム 11:30~14:00※コースランチ1500円は前日までに予約が必要です。

senndann3

そうだ!古座川町へ行こう!

そうだ!古座川町へ行こう!と思ったら→古座川町の宿泊施設はこちら

働きながら田舎移住先を探そう!

田舎で働きながら移住するなら→【毎日更新】全国リゾートバイト!

こちらもおすすめ→ 全国各地のリゾートバイト検索サイトはたらくどっとこむ

自分の特技でお小遣いGET!→モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】
あなたの手作りを販売しよう!→ハンドメイド作品を販売・購入できる! ハンドメイド作品のオンラインマーケット≪minne(ミンネ)≫

田舎でもショッピング

田舎で買い物するなら♪→欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

欲しいが必ず見つかる♪→Amazon

古座川イノシカラジオはこちら

イノシカバナー
The following two tabs change content below.
ツジタケ

ツジタケ

なんきシカシカ新聞編集長。南紀エリアに移住して2年、田舎暮らしを満喫しております♪ 趣味/音楽・写真・料理・生きること