omoide8

ど~も~!シカシカ新聞のツジタケ(@nirlog_net)です。

ハッピーターンってうまいですよね!あの魔法の粉は砂糖4:塩1の割合でブレンドし味の素を少々加えることによって簡単に作れるそうですよ♪

さて、昨日12月26日におこなわれた「古座川こども思い出プロジェクト」ですが大成功に終わったようです。主催者である古座川町の花屋さん「花はる」店主須川さんの笑顔が物語っていました。

古座川こども思い出プロジェクトとは

omoide5

古座川こども思い出プロジェクトは、古座川町の子供たちの思い出になる「なにか」を作ろうと主催者の須川さんが立ち上げたプロジェクトです。今年はその第一回が行われました。

以前の記事でも紹介させていただいていますが、須川さんは「住むことが難しくても、たまには帰ってきてほしい」という想いがあります。それには少年時代に「こんな素敵なイベントがあったなぁ」と思い出に残る「なにか」が必要だと須川さんは考えました。

【古座川町民の声】古座川町の花屋さん「花はる」に突撃!

そこで今回行われた第一回古座川こども思い出プロジェクトでは「こども参加型」の竹灯篭作りを中心に、イルミネーション点灯や、月と星の観測などが盛り込まれていました。素敵すぎますよね~。

古座川こども思い出プロジェクトのFacebookはこちら→古座川こども思い出プロジェクト

竹灯籠が神秘的すぎる

omoide1

そんな第一回の記念すべきイベントに私は大遅刻(笑)。やってしまいました。「何かお手伝いくらいできたらな~」なんて思っていたのですが、大人の事情により間に合わず。ごめんなさい。

それでもイルミネーションと竹灯篭を楽しむことができました。特に竹灯籠には感動しましたよ。きれいな光の中に、こども達が一生懸命絵付けした絵が浮かび上がっています。イベント終了アナウンスがされた後にも多くの人がその光景を楽しんでいました。

omoide4

omoide3

omoide2

omoide10

 

須川さんの笑顔がたまらない

omoide6

会場で主催者の須川さんにお話しを少しだけ聞くことができました。めちゃくちゃ笑顔なんですよ。大きな手ごたえを掴んだようでした。

「古座川町に住む多くの子供たちが参加してくれたことに満足です。一緒になって大人も楽しんでもらえたようでした。人数じゃないんです。この光景が見れて本当によかったです!」とコメントをいただきました。

なんかキラキラしているんですよね~。やっぱり信念を持って行動し、得られたものがあるからこその笑顔ですね。

まとめ

omoide7

イベント開始から参加できなかったことが残念ですが「それでも行ってよかったなぁ」と感じました。いたるところに手作り感が満載のイベント会場でしたよ。都会の何万球と使用したイルミネーションも素敵です。しかしこういった手つくり感満載のイベントもまた感動できますね。

来年はさらにパワーアップしたイベントになること間違いなしですね。冬の古座川町に根付く一大イベントになってほしいですね。そして多くのこども達の思い出に残るイベントになっていくことでしょう。来年が楽しみですね♪

イルミネーションは1月6日まで点灯しているそうですよ♪

※今回のお手伝い 竹一本切りました(笑)。

そうだ!古座川町へ行こう!

そうだ!古座川町へ行こう!と思ったら→古座川町の宿泊施設はこちら

働きながら田舎移住先を探そう!

田舎で働きながら移住するなら→【毎日更新】全国リゾートバイト!

こちらもおすすめ→ 全国各地のリゾートバイト検索サイトはたらくどっとこむ

自分の特技でお小遣いGET!→モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】
あなたの手作りを販売しよう!→ハンドメイド作品を販売・購入できる! ハンドメイド作品のオンラインマーケット≪minne(ミンネ)≫

田舎でもショッピング

田舎で買い物するなら♪→欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

欲しいが必ず見つかる♪→Amazon

古座川イノシカラジオはこちら

イノシカバナー

The following two tabs change content below.
ツジタケ

ツジタケ

なんきシカシカ新聞編集長。南紀エリアに移住して2年、田舎暮らしを満喫しております♪ 趣味/音楽・写真・料理・生きること