土地を買うなら田舎?都会?そんなの決まってますよ♪

ど~も~!シカシカ新聞編集長のツジタケ(@nirlog_net)です。

前回初めて古座川町民のミノルマンに記事を書いてもらったのですが、これがめちゃくちゃ好評でした。少しジェラシーを感じましたね(笑)。ということで今回も引き続きミノルマンに書いていただきました。

古座川町や田舎の土地の値段って気になりますよね?私も気になります。そんな私達の期待を裏切らない、内容になっていますよ♪

田舎と都会、家を買うならどっち?

shack-1059440_640

ミノルマンです。ツジタケ編集長が前回の記事を褒めてくれたので、なんだか嬉しくなっちゃいました(笑)。ということで「もう一記事お願い!」なんて頼まれたので書くことにしましたよ(笑)。しょがないなぁ。きっと僕は褒めて延びるタイプです。

・・

・・・・・

どうでもいいですね(;´д`)

東京から田舎暮らしをしたい人って多いですよね。そのようなお話を実際にお聞きしましたので今回も古座川町の現実を書いていきます。何やら家を買うとかなんとか・・・。都会に買う?田舎に買う?皆さんはどっち派ですかー?

圧倒的な安さ!田舎の土地の値段に笑いが止まらない

「都会と田舎の土地の値段」って僕ら古座川町民からしたら比較するまでもなくわかりきっています(笑)。でも改めて都会と田舎のギャップを感じるいい機会になりましたよ。

まぁ皆さんがご想像どおりですよ。

都会の土地の値段 > 田舎の土地の値段

いやこの方程式に例外あるとは思えない!!
これはリアルな話ですが、正月にお年玉もらった子どもでも土地買えちゃいます。本当にそれくらいの値段ですから。「一坪」は一桁で考えてもらって問題はありません。

ちなみに180坪を170万で買ったという話が道筋でありました。坪一万強ですよ(笑)。これが古座川プライス!!そこの奥さんいかがですか??(笑)。おまけですが、すでに建ってる家には当たり前みたいに土地がついてきます。というかほぼ土地代で全部買えます。こういった話は古座川町ではよくある話。といってもすべてじゃないですけどね(笑)。

なぜそんなに安いのか

僕は不動産屋でもなんでもないのでハッキリと言えません。しかし誰もが「そりゃそうでしょ。」って思う理由はまず正解です。

とにかく田舎だからです。僕の愛する古座川には駅がないですからね。バスは出てますが一時間に一本あるかないか。あとはタクシーしかないです。なので自家用車は必須。買い物する場所は古座川町唯一のスーパーOKUWA。あとは違う町へ繰り出すしかない。

とにかく都会みたいになんでも実物が目の前にあってすぐ手に入る状況ではないのですよ。まぁ僕は何の問題もないですけどね。今はネットありますから。

油断してると浸水しちゃう

blur-21653_640

もう一つよく聞く理由があります。これは田舎ではなく古座川の話です。数年前に台風12号が紀伊半島を襲いました。もちろん古座川町も大ダメージをうけました。だってほとんどの家が水没しましたから。

僕の実家は2メール近く沈みました。大変な日々でしたよ。まぁこんなことは何百年に一回という確率らしいですが。ただですね、実は台風12号よりもさかのぼること10年前も大洪水があったんです。つまり「古座川は川が氾濫したら浸かる町」ってイメージついちゃったのかもしれないですね。だからどの土地も安くなったって話を聞きました。

実際に僕も家を建てる夢があるので土地を探してたのですが、「あの土地は水出たら浸かるんちゃうか?」って言葉をよく耳にしました。こんな感じで安くなってます。

これらに対するミノルマンの見解

でも、「まぁ…そんな毎年洪水で浸かりませんけどね~」っというのが本音です。災害なんて、いつ、どんな状況で、何が起こるかわかりません。たまたまこの10年のスパンでボンボンときちゃっただけです。

津波の方が怖い

それよりも最近では津波の心配がポピュラーになってきてますよね。それに関しては海の近く全域危険ですからね。古座川町は山奥なので、入り口付近の地域以外は津波の影響は少ないはずです。ですので自然災害はあって洪水と山崩れも少しあるかなー程度ですね。

あと古座川町は名前の通り「古座川」と川を軸に町ができています。つまり古座川町は水の町なんですよ。それでも僕は絶対に古座川町に家を建てます。ただ古座川町に住むからには「水に浸かっても大丈夫な家」を念頭に置いて建てます。屋上にボートおくとか?(笑)。

水に浸かる?だから何?

とにかく「水に浸かる」→「だから何?」って感覚です。僕はそれすらも受け入れて古座川町が大好きですから。何といっても水の町ですからね!最初に書いた「田舎だから土地安い」に関しては「都会の方がいい」って勝手に誰かさんが決めた基準なんで僕が語ることはありません。

僕からすりゃ「なんでそんな狭っ苦しい場所のクソ高い土地を買わなならんのだ!」とミノルマン感覚では思ってるので。僕の大事な土地は僕の大好きな場所にするのです。

まとめ

shed-336505_640

どうなんでしょ?実際に災害怖くて高台に移動する人は何人も見てきました。古座川町を出ていった人もいます。まぁこの世の中「高台」を巡っての陣地取りは終わらないでしょう。僕はそれよりも素晴らしい古座川町で、どう生きていくかって考えてますから。なんとでもなります。

田舎暮らしを目指す方々にはその土地の値段の他にも「特色」も頭に入れて考えてみるのも大事かと思いますよー♪ミノルマンでした。

はい、ここからツジタケ(@nirlog_net)です。

いかがでしたか?今回もまたリアルな記事を書いてくれました。お年玉で土地が買えるんですよ?笑っちゃいますよね。ミノルマンも最後に書いていますが、土地の特色は大事ですよ。知らずに飛び込んで「こんなはずじゃなかった」は田舎移住の失敗でよく聞く話ですからね。

さて、こういった形でどんどん古座川町民の皆様に記事を書いてほしいなぁと考えています。そのほうがよそ者が書いているよりおもしろいですよ。ぜひ私もシカシカ新聞のライターになりたい!という人はお気軽にご連絡ください。

そうだ!古座川町へ行こう!

そうだ!古座川町へ行こう!と思ったら→古座川町の宿泊施設はこちら

働きながら田舎移住先を探そう!

田舎で働きながら移住するなら→【毎日更新】全国リゾートバイト!

こちらもおすすめ→ 全国各地のリゾートバイト検索サイトはたらくどっとこむ

自分の特技でお小遣いGET!→モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】
あなたの手作りを販売しよう!→ハンドメイド作品を販売・購入できる! ハンドメイド作品のオンラインマーケット≪minne(ミンネ)≫

田舎でもショッピング

田舎で買い物するなら♪→欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

欲しいが必ず見つかる♪→Amazon

古座川イノシカラジオはこちら

イノシカバナー
The following two tabs change content below.
ツジタケ

ツジタケ

なんきシカシカ新聞編集長。南紀エリアに移住して2年、田舎暮らしを満喫しております♪ 趣味/音楽・写真・料理・生きること