クジラの町「和歌山県東牟婁郡太地町」は○○の町でもあった?

はいどうも!シカシカ新聞編集長のツジタケ(@nirlog_net)です。

今回は新たなライターさんに記事提供をしていただきましたよ。和歌山県東牟婁郡太地町のリアルをサラッと書いてくれました(笑)。それではどうぞ!

ども!はじめまして、こんにちはこんばんはおはようございます。ゴンド・ボシヲでございます。
この度ツジタケさんのご厚意で、太地町の話をキマグレに書かせていただきます。

太地町ってところは、南紀の他のとこに比べて話題が少ないよと、そうおっしゃる方もいらっしゃると思いますが、まあちょっと覗いてみてくださいよと、そんな感じで思いついたことをズラズラ書いてみますね。

太地町はクジラの町ってよく言われますけど……

太地町というところは、昔からクジラをつかまえて暮らしてきたところとってイメージが強いと思うんですけど、皆さんどう思いますか?

確かに、むか~しから続いていることですし、町の博物館でもそうした歩みを裏付ける資料を見ることはできますから、そう思われても仕方はないと思います。最近では日本遺産なんてものにも選ばれてますから、クジラと人との結びつきの強さは、日本の他の土地よりも強いかもしれませんな。

でも、今の太地はどうかというと、またちょっと違うんじゃないかと思うわけですよ。いやいや、別に「クジラの町」だってことを否定しているわけじゃないんですよ。

そういう町づくりをじっくりと時間をかけてしていっているのが太地町ですから、それはそれ。でも実は、イルカやクジラよりも、もっともっと身近に、こんな動物がいるってことを忘れてないでしょうか?

実は太地で一番良く見かけるのはコイツらかも

で、皆さんは「太地でクジラよりも身近な動物」って一体何だと思いますか?身近な動物というと、イヌやネコを思い浮かべる人が多いと思いますけど、それはまあ普通ですよね。

ネズミなんかもいるかもしれませんが、それもまあ普通の範囲じゃないでしょうか。タヌキなんかもいますけど、このへんの動物は他所でも見ることはできるでしょう。サルまでいっちゃうと、ちょっとレア度が高すぎますね。

じゃあ、一体、どんな動物が、身近にいるのでしょうか?

それは……。

shikashika_160811_002

「シカなんて、南紀のあたりでは、そんなに珍しい動物でもないよ」とおっしゃる方もいるでしょう。確かに車や電車も、ふつーにシカとぶつかったりしますから、そんなに驚くこともないかもと感じるかもしれません。でも、太地では、

ちょっと事情が違うんじゃないかと……。何故そんなこと思ったのかって?

それはなぜかといいますと……。

夜の太地はちょっと違う……?

ボクも何度か出くわして、その度に写真を撮り忘れてガックリするんですけど、夜の若干遅い時間帯に捕鯨船が展示されているくじら浜公園付近を通りがかると、シカが群れていたりします。

最初はシカの家族かなーなんて思ってたんですけど、群れの数はそれよりも多そうで、初めてシカの群れに遭遇した時は、奈良公園でもないのに、どうしてこんなにシカがいるのか不思議で仕方がなかったんですよ。

それにしても、どうしてそんなにシカがいるのでしょう?それはどうも、太地という町の立地条件に理由がありそうです。シカがよく見られる場所は、森浦から常渡(じょうと)にかけての太地の町内に入ってくる道沿いと平見のあたりで、夜中に人気のない所が多いようです。

想像ですが、逆に人気のある暖海(あたみ)と言われる役場のある地域や港付近の住宅地では、そういうシカの目撃談はあまりなさそう。地図を見ると、人が住んでいる場所が海に面した低くて開けた場所に集中していて、それ以外のところは今でも自然が豊かなんです。

このあたりは、狭い平地に人が密集してすんでいて、すぐそばに山と海があるので、山から降りてきたシカの方も突然開けた場所に出てきてしまって、びっくりしているかもしれませんね。くじら浜公園付近も、すぐ近くは人が住んでいない小高い丘のような場所で囲まれていますから、夜になるとシカが集まってくるのかもしれません。

昼間でも運が良ければ……?

もっとも、紀伊半島全体にシカは幅広く生息していますから、太地に限ったことではありませんが、太地では人とシカとの距離がもっと近いような気がします。例えば、運が良ければこんな距離ででシカと出会うことがあります。

shikashika_160811_003
これは博物館の敷地内で撮影されたものです。

博物館の方に伺ったところ、シカが敷地内にいることはそんなに珍しくないようです。夜にくじら浜公園で、あれだけの群れがみられるんだから、昼間にシカがいたとしても、そんなに不思議ではないかも。

まとめ

まとめっていうほどでもないんですが、少し前の朝の散歩で出会ったシカが、なんとも言えない表情でこっちを見てたのを思い出して、こっちの自然とふれあう機会がもっとあってもいいのになーって思ったんですよ。むしろ、クジラやイルカより、こっちのほうが近くにいるじゃんって。

あっちの側からしたら、勝手に害獣扱いされるわけですからほっといて欲しいと思っているのでしょうけど、それでもせっかく身近にいる野生の生き物ですから、時々じっくり眺めてみてもいいんじゃないかなーと思った次第です。

あ、別にシカシカ新聞だからシカネタっていうわけじゃないわけじゃないですよー!(どっちだ

はい、ここからツジタケです。いかがでしたか?なかなかリアルな太地町の情報ですよね(笑)。実は私太地町に移住しました。古座川町じゃないのかよ!なんて突っ込みも聞こえてきそうですが・・・いろいろあるんですよ(笑)。

ゴンドさん、ナイスな記事提供ありがとうございました。またよろしくお願いします♪

なんきシカシカ新聞情報♪

なんきシカシカ新聞のツイッターはこちら♪更新情報が届きます。→南紀シカシカ新聞ツイッター

インスタグラムもやっています。→南紀シカシカ新聞インスタグラム

そうだ!和歌山県南紀へ行こう!

そうだ!和歌山県南紀へ行こう!と思ったら→すさみ・串本・勝浦の宿泊施設

働きながら田舎移住先を探そう!

田舎で働きながら移住するなら→【毎日更新】全国リゾートバイト!

こちらもおすすめ→ 全国各地のリゾートバイト検索サイトはたらくどっとこむ

自分の特技でお小遣いGET!→モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】
あなたの手作りを販売しよう!→ハンドメイド作品を販売・購入できる! ハンドメイド作品のオンラインマーケット≪minne(ミンネ)≫

田舎でもショッピング

田舎で買い物するなら♪→欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

欲しいが必ず見つかる♪→Amazon

The following two tabs change content below.
ツジタケ

ツジタケ

なんきシカシカ新聞編集長。南紀エリアに移住して2年、田舎暮らしを満喫しております♪ 趣味/音楽・写真・料理・生きること